読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let Your Life Bloom

ポケモン関係のこと書いてます。普段は主にシングルレートをやってます。気まぐれに炎統一やダブルバトルもやります。

【雑記】WCS2016優勝構築記事を読んで

こんにちはBegoniaです。

「オーガレック ライチュウ」でgoogle検索したら僕の雑魚構築記事が3番目とかに表示されてることに気づき、ものすごく恥ずかしいです(笑)

 

WCS2016の決勝戦はジュニアからマスターまでニコ生のTSで見させてもらったのですが、やはりなんといってもマスターカテゴリのWolfe選手の勝負がすごかったですね。僕のような素人目に見ても圧倒的に強かったです。

その立ち回りもさることながら、特に注目を浴びたのがBIG6(グラードンゼルネアス、ガルーラ、ボーマンダファイアロードーブル)の面子が1匹たりとも構築に入っていなかったことですよね。カポエラーライチュウの活躍が目覚ましかったです。

 

 

そんなWCS優勝構築ですが、先日Wolfe選手とともに構築を作成した方による構築解説記事が発表されていたので、僕も読ませてもらいました。

僕はものすごく曖昧な理由(カイオーガを電気から守れそう、ほっぺすりすり→ジオコンアンコでゼルネアス腐らせられそう)でライチュウを採用していましたが、彼のチョッキライチュウはもう思考がそもそも違うということを痛感させられました。

 

記事を読んでいると、そこまで奇抜なアイデアというのはなく、環境を読んでそこをメタるという基本ステップを踏んでの構築という印象を受けました。ただ、採用する駒の選択にやはりセンスが出るのでしょうね。たとえば「カポエラーの威嚇と猫だましはBIG系統に刺さる」と書かれていたのですが、僕なんかだとゼルネアスファイアローボーマンダに打点の持てないカポがBIG系統に刺さるとは到底思えないわけで、おそらく候補にも挙がらなかったでしょう。ちなみにライチュウにチョッキを持たせるという発想も一生かけても出なかったと思います。

グラゼルネ一強と散々言われていた6世代GSルールの決勝がグラカイVSオーガレックだったという結果を見ても、メタゲームの面白さ、奥深さを知る大会になったのではないかなと思いました。安易に結論パだとかいって議論を終わらせてしまうのは考え物ですね。

 

まぁ、現在のシングルレートでは僕はガルーラメタを放棄してガルーラスタンを使っているわけなのですが(おい)