読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let Your Life Bloom

ポケモン関係のこと書いてます。普段は主にシングルレートをやってます。気まぐれに炎統一やダブルバトルもやります。

【SMシングル】テテフパル軸の考察

こんにちはBegoniaです。

7世代が始まってからバンク解禁前の環境もめまぐるしく移り変わり、とても追いつけないままレートも上がらず取り残されております。とりあえず個人的に強いと思った並びを取り入れた構築を組んでいる最中なので、たたき台として記事にしておこうと思います。

とか言ってる間にシーズン1が終わってしまいました。全然レート勝てないし納得のいくパーティもできていないので、並びとしての考察だけ書いておきます。

その並びとは、最近少しずつ話題に上がりつつあるカプ・テテフ+パルシェンです。

f:id:Begonia:20170108012801p:plainf:id:Begonia:20161217233042p:plain

簡単に説明すると、テテフで場を荒らしつつサイコフィールドを展開し、テテフが倒れた後は先制技無効空間で襷パルで強引に殻を破って制圧を目指すという並びです。

テテフの持ち物はスカーフ、眼鏡、Zクリスタル等いろいろ考えられますが、共通しているのは鋼相手に削りを入れてパルと合わせて集中突破を狙う動きを取ることが多いということですね。

相性補完として見た場合の縦の並びとしては汚いのですが、シナジーは強いため対面構築系のパーティを組めばうまく機能させられる機会は多いのではないでしょうか。

さらにシナジーを強める要因として、テテフ自身が放置できないポケモンなので相手は早急にテテフを倒しに来るため、サイコフィールドのターンが残りやすいというのもあります。加えて、現環境の積みアタッカーの多く(マンダ、ガブ、ギャラ、カイリュー)に襷パルシェンが強いため、うまく展開できれば止められるポケモンは少ないと考えられます。

逆にテテフパルの並びが最も苦手とするのは、テテフには受けだしてこないがパルを見てから処理が間に合うポケモン、具体的にはレヒレやアシレーヌなどの水タイプが挙げられると思います。もちろん鋼タイプ(ガルド、グロス、ルカリオ、カグヤ)やポリ2も立ち回りを間違えると詰みに追い込まれるため要注意ですね。

これらのポケモンの対策を残りのメンツで組んであげると構築として安定すると思います。では、問題点とその対策を考えていきましょう。

 

 

【Problem list】

#1 水タイプでパルが止まる

#2 鋼タイプへの打点

#3 数値受けの突破

#4 相手のパルシェンの展開阻止

#5 ペリグドラ

#6 スカーフ持ち

 

【Assessment】

#1 対水

f:id:Begonia:20161227013431p:plainf:id:Begonia:20170108203900p:plain

特化A2段階上昇パルシェンのロクブラ5発

HB特化カプ・レヒレ 48.0~59.3%

無補正H振りアシレーヌ 88.2~104.2%

シレーヌは振り方次第では突破できるかもしれませんが、役割的にマンダの捨て身耐えまで物理に硬くしている場合なども考えられるため処理できないことの方が多いと考えた方が良さそうです。レヒレは後出しならともかく、対面からは突破不可能なため後続に任せるしかないですね。どうしてもパルでレヒレを突破したいのなら王者の印を持たせましょう。

では、本題の対策枠です。

①電気タイプ:優先度 高

瞑想コケコかチョッキジバコあたりが安定するのかなあと思ったり。まだ試していないのでなんとも言えないのですが。なんにせよ電気無効枠が現状ガブマンムーガラガラくらいしかいないので、このあたりのケアができれば電気はめちゃくちゃ通りが良いので、電気タイプの採用は大いにありですね。

②草タイプ:優先度 中

受けだしのできる耐久を持つ草タイプは少ないため、死に出し前提となります。ブルルやカミツルギはポテンシャルがあるので採用価値はあると思います。陽気カミツルギの草Zリフブレで無振りガブが落ちるのでひとつの目安にどうぞ。

③数値受け:優先度 低

こちらもポリ2やハピなどで受けきってしまうというのもひとつの手ではあります。ただ、レヒレには挑発が、アシレーヌにはアンコールの可能性があることを考えると安定はしないかもしれません。また、後続に負担をかけられないのは対面思考のパーティでは致命的となりうるので注意が必要です。

 

#2 対鋼

f:id:Begonia:20170108203951p:plainf:id:Begonia:20170108204018p:plainf:id:Begonia:20170108204110p:plainf:id:Begonia:20170117203914p:plain

テテフ+パルでなんとかしたのであれば、テテフで削れるところまで削るかパルに水Zを持たせるというのが考えられるかと思います。

他のメンツでカバーするというのであれば、スカガブやメガギャラであればタイマン性能を保ちつつ対処できそうです。鋼だけをピンポイントで狙い撃ちにしたいのであればウインディあたりになりますが、このあたりはパーティと相談してもらうほかない部分だと思います。

ただし、ここで上げたポケモンが上のレヒレに弱い点は要注意です。レヒレ+鋼の並びを崩せるようにパーティ全体で補完しましょう。

 

#3 対数値受け

f:id:Begonia:20170108204403p:plain

現環境における代表的な数値受けポケモン(物理特殊問わず)はポリゴン2、テッカグヤ、カプ・レヒレ、バルジーナハピナス、ナマコブシあたりが挙がります。バルジとハピはパルで突破可能、レヒレとナマコは上の水対策を、カグヤは鋼対策を適用するとして、やはり問題はポリゴン2ですね。こちらもガブギャラもまとめて止めにくるため要対策枠です。叩き持ちが少ない現状、ポリ2の突破手段は限られており、受けきれない高火力をぶつけるか、毒を入れるか、起点にするかの動きが主となるかと思います。

具体的にはHDメガハッサムや瞑想コケコ等低下力特殊を受けながら積めるポケモンが適していると思います。

 

#4 対パルシェン

f:id:Begonia:20161217233042p:plain

相手のパルシェンに先に展開されてしまうと、こちらのパルの襷を貫通されて負けるので、ストッパーを入れるか、あるいは相手より先にこちらのパルを展開できるように立ち回るかのどちらかです。後者は安定感には欠けますが、軸を崩さずに動かせるためプレイヤーの腕次第です。前者のストッパーとしてはさっきから散々上げている要注意ポケモンたちの誰かを採用することになるかと思います。

 

#5 対ペリグドラ

f:id:Begonia:20161210153636p:plainf:id:Begonia:20170108205526p:plain

特にペリグドラがというわけではないのですが、すいすい発動時の準速キングドラは殻破後のパルを抜いてくるため、雨パ相手にパルシェンを通す動きは難しいです。素直に裏選出で対応したいところ。

 

#6 対スカーフ持ち

f:id:Begonia:20161210153435p:plainf:id:Begonia:20170108012801p:plainf:id:Begonia:20160815100047p:plainf:id:Begonia:20170108205426p:plain

これも同様の理由で、S実数値164以上のポケモンがスカーフを持つとS2段階上昇のパルシェンを抜いてくるため注意が必要です。特に現環境でスカーフ率が高めなのがコケコ、ガブ、サザン、テテフあたりなので要警戒です。なお、ガブ、サザンに関しては準速スカーフならパルの方が速く、最速スカーフならパルが抜かれます。ガブもサザンもスカーフなら準速のイメージですので、大方パルで抜けると考えて良さそうですが、礫で落ちる体力なら礫を撃ちましょう。サザンは浮遊なのでサイコフィールド下でも礫が当たります。テテフは最速スカーフであってもパルの方が速いです。一貫性を作らないように構築・立ち回りを固めましょう。

 

【Plan】

水、鋼タイプへの打点は絶対に確保しましょう。1匹程度ならテテフパルで集中突破が可能ですが、2匹以上いる場合かなり分が悪い勝負をすることになります。

コケコ、レヒレ、鋼に強い駒の3体で上に挙げた要対策ポケモンの多くをカバーできそうな感じはあります。

あとは実際に運用してみないと分からない部分が大きいため、各々の裁量に委ねられると思います。

 

以上です。シーズン2が始まり、今後バンクも解禁されていくでしょうし環境が激変して単純なテテフパルの動きはできないでしょうが、テテフバシャなどの派生形に可能性を感じるところではあるので、今後も考えつつ対戦していければなと思います。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました。